ページのイメージ
デザイン 2017/06/23

インターミッション〜時には昔のはなしでも〜

飯塚恭規
飯塚恭規
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜだか最近昔の事を思い出すことが多いのです。


以前も書きましたが、私が仕事を始めた頃はDTPへの過渡期でまだ今のように1人でPCを使い印刷データを作れたわけではなく、色々な人が関わり一つの印刷物をつくっていました。
写植、写真の現像、もちろん、印刷。なんなら、ブラシ屋(写真の下につくシャドーをつくる人)すらいました。
懐かしい…


これは、当時の会社で作った版下です。残念ながら実際の刷りものはなんですが…
この原稿は指定だけなので、またちょっと違うんですけど
デザイナーは台紙にカラス口でトンボを書き、印画紙に焼かれた文字原稿をはり、写真はコピー(勿論モノクロ)をとり台紙に張り込みその台紙の上からトレーシングペーパーをかけ赤字で色指示などをいれていきました。
この中の文字原稿を写植屋さんに頼み文字原稿を渡し、文字を組んでもらっていました。

文字組の基本と仕組みを教わったのは、当時の社長でしたが、
実際にそれをやって見せてくれ、こう言うときはこうしたほがいい。ああした方がいいと色々と細かい事はKさんから教えて頂きました。

そんな、Kさんも時代の波には勝てず、DTPの台頭で仕事が激減し廃業して実家に帰ってしまいました…

当時は見聞きしたことをムキになってやりすぎて、かなり長い本文も一字一句調整してました。
「やりすぎで文字が詰まりすぎて見えるじゃねぇか!」「あと時間かけ過ぎだアホ。」とよく社長に怒られたものです。


最近、ちょっと文字組に関して意識が薄くなってしまっているなぁと。
無論やっていないわけではないですが、
ソフトの性能、フォント自体の出来もよくなり、つい疎かになってしまうときが…
あの頃の思い出し基本に立ち戻り美しい組をやってみようと思う梅雨の間の晴れ間でした。

Kさん岡山で元気にしているでしょうか?
私は元気です。

Category

Ranking