このひとを分析
マーケティング 前迫紗由美

わたしの仕事の紹介

womoの成長を、マーケティングと企画で支える。

わたしのやりがいユーザーは、どんな情報をどんな形で手に入れたいと思っているのか。クライアントは、どんな相手にどんな形で情報を届けたいと思っているのか。そして、そこに対してwomoはどんな価値を提案できるのか?を考え、現状分析と改善を積み重ねています。「womo」を通じて、地域での消費活動やイベント参加などのアクションを増やしたい。そのために、自部署だけではなく、編集・システム・デザイン・営業などさまざまな分野のスタッフの意見をまとめながら、ひとつひとつのプロジェクトを進めています。

仕事のやりがい

新しいものを生み出すこと、全社の一体感やダイレクトな反応を感じられること!

仕事のやりがい営業チームやクリエイティブチームの力をつなぎ合わせて、新しい企画を生み出すという充実感。またそれによって地域の皆様から嬉しいコメントをいただいたり、クライアントに良い反響が出せたりすると、嬉しいことこの上ないです。そんな企画を推進できる立場にいることは、大きな責任感もありますが、それも含めてこの仕事のやりがいです。

携わる主な媒体

頼りにしている先輩

管理事業推進部 部長坂本 真吾

頼りにしている先輩

広い視野を持ち、私の可能性を信じてくれる

いつも意見を尊重して、迷いや悩みがあるときは一緒に考えて答えを導き出してくれる。坂本部長が営業マンだった頃のクライアントから今も絶大な信頼が寄せられていて、常にクライアント視点、全社視点で仕事に取り組む姿勢を尊敬しています。

前迫の場合

志望動機はなんですか
OG訪問の際に出会った先輩全員がいきいきしていたのと、「辛いことは多いけれど、間違いなくやりがいがある」という言葉を本心だと感じたから。また、グループポリシーの「生活者第一主義」にとても共感したからです。
入社してから感じたギャップは?
さほどギャップはありませんでしたが、一日中外を歩き回ったり、新規のお店でなかなか相手にしていただけなかったりというのは、慣れるまで大変でした。気持ちを共有し何でも相談できる同期や先輩がいることと、お客様から頼られる嬉しさがあるから頑張れますね。
仕事で大変だったことは?
自分が制作した原稿で反響が出せないとき。お客様に満足していただくためにできることは何か、と頭を悩ませています。

ある1日のスケジュール

9:30
朝礼。 マーケティング課では各メンバーが異なる事業を担当しているため、この共有の時間が非常に重要。
10:00
womo定例ミーティング。 womo編集長・システム担当・WEBデザイナーが参加し、ウェブサイトのアクセス数やコメントを見ながら改善点や対策を挙げていきます。
11:00
サイトのアクセス確認、特集の効果検証などのデスクワーク。短期間で変動するユーザーの心をつかむべく、施策を重ねていきます。
12:00
ランチは同僚や編集長と行くことが多いです。気を休め、午後に向けてパワーチャージ。
14:00
womo編集長・編集部のスペシャリスト・誌面デザイナーによる、フリーマガジンwomoについてのミーティング。ベテラン勢に囲まれて少し緊張しますが、思ったことは臆せず発言!
16:00
営業チームの状況を共有し、クライアントにどういった商品を提案するかを検討する戦略会議。クライアントの意見をもとに、商品や特集の内容を改善。
18:00
会議で出た意見を整理しつつ、WEBの更新や新コンテンツの企画立案。新しいことを考えるのが楽しい。同僚から、データを出してほしい、クライアントへの提案で相談したいと声がかかることも多いです。
20:00
仕事終わりに「今日行く?」と急きょ飲みに行くことも多々あります。同僚や先輩と、部署を超えて飲みに行ける空気感がとても良いです♪ 
他のスタッフの仕事を知る